2012年09月29日

読んだ本 2012 9月 その2

秋の夜長、読書の秋。

読みまくっちゃいなー(o ̄∇ ̄o)/と。連日ミステリー三昧。

必然的に、夫婦の会話はなくなります(‐ω‐;)




『隣人』

気持ち悪い。

なんでも欲しがるちょいと狂ってる隣人に、夫を取られるって話。

その女が気持ち悪いのなんのって、自分のことはちゃんづけするわ、甘えるわで、

30過ぎてこんな女にだまされる男ってバカとしか言いようがない。見抜けない女もバカなのか・・・



『天使の囀り』

貴志裕介さんの長編。

以前に読んだことあったような、なかったような。

文句なし、面白い。「クリムゾンの迷宮」やら「黒い家」なんかも読み返してみたくなってきた。



『玻璃の家』

先日一気読みした「鬼畜の家」と同じ、ばらのまち福山ミステリー文学新人賞受賞作品。

舞台が、アメリカの片田舎でのっけから外国人の名前がツラツラと、わたくしこれがひじょーに苦手なんです。

芸能人の名前も覚えられないのに・・・( ̄Д ̄;)

で、登場人物の説明のあるページに指をはさんでぺらぺらしながら読みました。

そしたら、あらあらまあまあ、双子がいっぱい出てくるではあーりませんか。

こいつも双子、親も双子、友達も双子、で、それが入れ替わって・・・・ってわけがわからなくなりました。

必死で読みきりました。まあまあかな。



『伽羅の橋』

同、ばらのまち福山ミステリー文学新人賞受賞作品。

前半退屈で、これも失敗か・・・と思ったけど、途中で読むのをやめられない質なので、

読み続ける。

ぶっとんだ後半(というより、ラスト4分の1くらい?)一気読み。

思いがけず印象に残りました。好き嫌いある作品かな。

わたくしにとっては、退屈していたことなどすっかり忘れ、わりと好きな作品になってしまった。



『147ヘルツの警鐘』

以前一気読みした、「よろずのことに気をつけよ」と同じ著者。

これも一気読み。

昆虫の生態を利用し、分析して、犯罪捜査に役立てるのですが、堅苦しくなく、

少々グロイけど後味はそんなに悪くない。

ラストは、えええ、その人、殺しちゃう必要あるんかい?とちょっと複雑な思いをする以外は丸く納まりました。

何より、登場人物が魅力的な人が多い。続編が読みたくなりました。(出てないけど)



『迎撃せよ』

平和主義者のわたくしは、軍事モノはあまり好きではないけど、このくらい軽いとサーっと読める。

日本の自衛隊問題や、国防に関する問題も絡めてあって、興味深く読めました。



『檻の中の少女』

ばらのまち福山ミステリー文学新人賞受賞作品

ばらのまちの賞を読みまくった今月。新人賞なので、差が激しい。

この本は、良くも悪くも文体が幼く、新人らしさまんかいでした。

読後感はあまり良くない。それならいっそもっと背筋が凍るように仕立てて欲しかった。

ただ、amazonのレビューはわりと良いので、一般受けするのかも。



『100個チャレンジ』

男子向き。

またはうちではゴハンは食べない、家事もしない女子向き。

100個チャレンジとは、1年間100個のモノだけで過ごす、というチャレンジなのですが、

食器や消耗品は一切含まれておらず、主に趣味のモノと衣服類で100個。

本棚を(入っている本を含め)ひとつ、と数えるなど独自ルール満載。

著者は、40代男性、中流(本人曰く、ほんとは上流に近い?)階級の白人。

良いものをじっくり選んで買い、大切に使うという意味では賛成できるが、

良いものを買えない人には不向き。



『原色ニッポン「南の島」大図鑑』

ジャングル探検したくなる本。または、隠居したくなる本。



『シンプルライフをめざす整理収納インテリア』

さすがは婦人の友社。

載ってるお宅のほとんどが、かなり余裕のあるスペースで暮らされているので(この手の本はたいていそう)

こんなん参考にならんわい!と

また、ココはこうしてまーす! なんてのを見ては、じゃあ○○はどこに置いてんのよ!(`Д´)なんて

やさぐれていたのですが、よくよく見ると参考になる。


ちょこちょこした収納方法ではなくて、一軒まるまるの収納だから。


一軒分まるまるの持ち物リストは壮観!





ふぅ、読んだ〜。でも図書館の予約リストはまんたんこ(‐ω‐;)





読みすぎなんじゃないのー、の清き一票を↓↓
              にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

posted by ハル at 12:33 | 京都 ☔ | Comment(0) | 本・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月28日

鍋ものがたり3

鍋鍋鍋、寝ても冷めても鍋、鍋、鍋・・・・というのはうそですが、

十得鍋か、ビオクラフトコロラドシリーズか、と絞ったつもりでいたところに、

急浮上してきたのが、ジオ・プロダクト(日本製)

作っているのは、十得鍋を作っているのと同じ会社、宮崎製作所。

十得鍋より、ランクが上のシリーズ。に加え、デザインが十得鍋より良い。

十得鍋の特徴は、入れ子収納(重ねて収納)できるところ。


しかしだね、この入れ子収納って、良いでつか?( ̄Д ̄;)


中くらいの鍋使うときは上の鍋をのけて、

下の鍋を使うときに、上の鍋と中くらいの鍋をのけなあかんし、(フタものけなあかん?)

当然しまうときもいちいちのけなあかん。


そもそも、食器が重ねてある状態が非常に苦手なことに最近気付いたわたくし。

重なっていたら下のものは間違いなく使わない。

なので、重ならないことを一番重視して収納することにしました。

ボウルやザルですら、重なっているのにプチイライラ(どんだけイラチやねんって)

いやいやいや、このイライラポイントって、めっちゃ個人差あると思うわ。

わたくしの場合は、重ねてあるのがあかん。

関係ないけど、箱入りのポリ袋1枚取ろうとして2枚取れてしまったときも軽くイラっとする。
(やっぱり、ただのイラチ?( ̄Д ̄;)


食器や鍋の場合、急いでるときに、ガチャンと音が出てしまうのがあかん原因じゃないかと自己分析。

わたくしが普段、料理するときって、ほとんど急いでるし。

そんなわたくしに入れ子って、意味不明。

優雅な老後を過ごすようになったら、入れ子について、また考えるとして、(考えるんかい)

とりあえず、今はそうじゃなくても全然問題ない。

となると、ジオ・プロダクト 俄然有利。

ふぅ・・・・・(*´Д`)=з



ジオか、ビタコロ(何この訳しかた)か、、、、

この時点で最初に悩んでいた、クリステルと十得鍋、両方消えてますが気になさらずに・・・・( ̄Д ̄;)

<ジオ・プロダクト>
   
   全面7層
   15年保証
   日本製

<ビタクラフト コロラドシリーズ>

   全面5層
   10年保証
   アメリカ製



まず、層ってようわからん。(え?ここにきて?

多ければ多いほどいいの?ビタとか11層とかあるしなー。

一層の厚さは関係ないの?

5層だと7層よりも、軽いのかと思ったけど、同じ16cmの片手鍋で、

ビタ1076g、ジオ1080gと4gしか変わりませんでした。なんでーわからーん!( ̄Д ̄;)

保証については、10年も15年も変わらんやろ。10年後使ってるかもわからんのに。

とか言いつつ、今のしょぼーい鍋類は10年近くつこてる。

しかしこれ、正常の使用での保証期間やし、保証してもらいたくなるときって

だいたいにおいて正常な使用をしてないときやんね。めっちゃ焦がしたとか、落としたとか。



そして、アメリカ製と日本製かあ、なら・・・・・・・・・・日本製品買うとこうや!


ということで、ジオ・プロダクトに軍配があがりました。

ビタのブランド力に魅かれ、まだちょっと悩んでますけど、ほぼジオで決定ですかな。

誰か背中を押して下さい。↓も押して下さい(*´▽`*)



押してもらったら嬉しいです(*´▽`*) ↓↓
                にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

posted by ハル at 12:34 | 京都 ☁ | Comment(0) | 買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月27日

息子の断捨離ものがたり

先日、息子は、学童経由のエコなイベントで、かえっこというのを経験しました。


かえっこというのは、いらなくなったおもちゃを持っていくと、かえるポイントというポイントが

もらえて、そのポイントを使って、おもちゃをもらえる(中古?)取り組みだそーです。

イベントによって違うみたいですけど、ワークショップに参加したり、お手伝いをしてもかえるポイントはもらえるそーです。

なんだか物々交換の間にポイントが入るって感じなのかなーと。

その場で欲しいものがなかったときには、次回のイベントにポイントを持ち越せたりもするそうな・・・・。



イベントの趣旨を説明されて帰ってきた息子は、自分のおもちゃを眺めながら、しばらく考えておりましたが、

やおら

仮面ライダーフォーゼのベルトを手に取りました。

「これ、もういらんし持ってくわ」

「え。それいいの? (内心:キー!それ高かったやん!)」

「でも全然遊んでへんし、ボク失敗したんやなあ・・・」



仮面ライダーが変わるたびに発売されるベルト、仮面ライダー電王の頃から

ライダーベルトを欲しい欲しいと言い続けていた息子。

ずっとお断りしていたわたくしでした。


息子の誕生日のプレゼントは、おもちゃ屋さん(たいていトイザラス)で一個だけ欲しいものを選ぶ(親の誘導有り)なのですが、、、、

そのときは、真っ先にベルトに手を伸ばし、しばらく眺め、

「あかんやんなぁ?」と聞いてきた息子。

「うん、あかんよ」とケンモホロロなわたくしに

息子は素直に元に戻し、店内をぐるーり、

しかし、気がつけば、ベルトのコーナーで見本品をいじったり、眺めたり。

一番欲しいものを一つ買ってあげるって言うてんのに、コレはないわな〜と。

ベルトを買ってあげることに。

「ベルトにするか?」とわたくしが聞いたときの息子の笑顔は今も忘れられません。




が、しかし、、、

積極的に遊んだのは、最初の1週間、、、いや、3日ほどでした。

そうなると思ったわ、、、、という言葉を飲み込んで、日々過ごしておりましたが、

ついに、息子自ら手放すと言い出しました。(これ大事!)



「次から、欲しいもの買うときにもっとよーーーーく考えるんやで」

とだけ言うて、手放すことにも賛成しました。置いといてもしょうがないし、

それにこのおもちゃ、電子音が鳴り響き、かなりうるさいんです。

買ってやったものの、何回「うるさい!!」の言葉を飲み込んだことか。


息子なりにモノは慎重に選ばんとあかん、ということを学んだかなああああ

それなら、安くはなかったけど、買ってやってよかったと思いました。
あの笑顔を見られただけで満足だったしね。


まあ、この手の失敗はまだまだするでしょうけどね、


わたくしがいまだにしているように・・・・・・・・・・・・・・・・・( ̄Д ̄;)


そして、さっそくかえっこでガラクタを数点持ち帰ってきました・・・(*´Д`)=з そして、

「これ、いらんようになったら来年かえっこに出すわ・・・」と。

え?((゚m゚;) ま、まあ。捨てるよりは、エコですわな。




押してもらったら嬉しいです(*´▽`*) ↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ



にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

posted by ハル at 14:16 | 京都 ☀ | Comment(0) | 片付け全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。