2013年08月02日

読んだ本 2013 7月

読書の夏。
あくまで個人的な感想でーす(*゚∀゚*)ノ


『震える牛』 相場 英雄 著

食の安全をテーマにしたミステリー。やたら安い食材がどのように作られているか(何故安いのか)
をサラリと書いてある。実際とそう違わないだあろうなあと思う。
知ってしまえば食べられないモノが市場にはあふれているのだろう((゚m゚;)
ミステリーとしてはいまいちドキドキハラハラ感に欠け、犯人も動機もイマイチもの足りなかった。
食の面での一読の価値有り。



『ルームメイト』 今邑 彩 著

多重人格者の話なんだけど、ミステリー好きならオチは読める。まあおもしろくサクサクと読める。
が、ラストで意味がわからなくなりましたよ。わたくし。
いやいや、『同じ顔&姿ちゃうやん!!』と思いっきり突っ込みましたよ。心の中で。
解釈が間違ってますかね?誰か教えて!



『毒蟲VS溝鼠』 新堂 冬樹 著

題名からして想像がつくようにかなりグロテスクで、かなり変態的。怖いもの見たさに借りましたよ(*゚∀゚*)
登場人物は、まともな人はひとりもいません。心身ともに崩壊している人のオンパレード。
拷問シーンにオエーとなりながらも、そう小難しくない文章なのでサーと読み終わった。
作者が意図的に、読者を気持ち悪くさせよう、これでもか!というのが透けて見えるのがアレだけど。
これ、小説として有りなん?誰が求めてるん?と思いつつamazonレビューを覘くと、
「もの足りなかった」っちゅー感想の多いこと、世の中どんだけ刺激を求めてんねん、とあきれてしまったわ。
シリーズモノらしいのですが、わたくしは、これ一冊で十分です。


と言いつつ、、、ついつい。同シリーズではないけど、同著者の・・・


『殺しあう家族』  新堂 冬樹 著

数年前に起きた北九州監禁殺人事件をモチーフとして書かれたものだそうです。
うーーん、わたくしの読解力では、著者がこの小説で何を表したいか理解に苦しみました。
元の事件を変に弄り、意図的に救いようがなく、後味悪く、気持ち悪く仕立てあげているだけに思えました。
まあ、この著者は読者を気持ち悪くさせることを目的として書いている傾向があるので
それにおいては成功されているかと思われます。
わたくし、これのせいで、しばらくは、九州弁を聞いたら気持ち悪くなりそうです。

この事件についてはノンフィクションの『消された一家』というのが出ているのでそっちのほうが
良いのではないかなー。わたくし未読。別に読まなくてもいいんだけどね(‐ω‐;)
きっと読むのだろうなあああ。



『想像ラジオ』 いとうせいこう著

amazonレビューで壮絶大絶賛されてます。コレ以上ないっちゅーくらい褒め上げられてます。
で、すっかり騙されました。
きっと、わたくしの読解力不足、想像力不足なのでしょう。文章は稚拙だし。
ぜんぜんココロに響かず、まったくおもしろくなかったです。
この本を批判するのは、3.11の犠牲者を冒涜することになりかねんと、(決してそんなことはないのに)
低評価なりを潜めているのではないかと勘ぐりたくなるくらい。
わたくし他意はなく、ただ自分に正直になるとぜんぜんおもしろくなかった。と。
なんでこれが芥川賞候補なんだろーとさえ思いましたよ。
それとも、わたくし世の中とずれ過ぎか((゚m゚;)
村上春樹も苦手だしなあ(関係ないか)



『きいろいゾウ』  西 加奈子 著

以前に話題になったときに1回読んではずだけどなあ、まったく覚えてないなあと思いつつ、、、
サラサラーと読んで、ハイハイ、と。
わたくしこの手の、わざとほんわかさせたような言い回しの、非現実的な話が苦手なのです。
わかっていたのですけどね。
個人的に、印象うっす!内容うっす!って感じでした。



『殺気』  雫井 祐介 著

雫井さんだーと期待して読むとあかん。
今月ははずれが多かった。
日常の描写が多すぎて退屈。事件そのものもどうってことなく退屈。
今月前半刺激の強いものを読みすぎたせいか・・・・、ものすごく退屈なお話でした。
まあ、日常が(登場人物が身近だけに)いつこうなるかっちゅー意味では、怖いのかもしれんけどね。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

posted by ハル at 13:09 | 京都 ☁ | Comment(0) | 本・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月02日

読んだ本 2013 6月


『ダークルーム』 近藤史恵著

ちょっとぞくっとする話の短編集。
わたくし的に、ほんの少しもの足りない展開だった。最後の一編が一番良かった。



『さらさらさん』 大野 更紗著

対談集?なんだけど面白みに欠けます。人選はとても良いと思うのに。残念。
作者の煩っている病気のため、内容が難しすぎるせいかもね。



『殺戮にいたる病』 我孫子武丸著

だいどんでんがえーし!
があることで有名な作品らしい。が、あまりに図書館で人気がありすぎて、順番が回ってきたころには
なんで予約したかも、だいどんでんがえしがあることもすっかり忘れ去って読んだ。

なんであたし、こんなエログロ小説読みたいと思ったんやろう?と???と思いながら読みました。
ら、ありましたよ。だいどんでんがえし!
あるにはあった。驚いたけど、読み返そうというよりはしっくりきた。
なるほどーだから、あちこち違和感があったんかー、という感じ。
猟奇殺人モノなので、エログロな表現が多くて、ここまで書く必要ある?とか思いいつつ
そっちに気を取られて騙された感。



『巻きぞえ』 新津きよみ著

裏切らない新津さん。
表題「巻きぞえ」が一番いまいちだった。スラスラと小一時間くらいで読める。


おまけ
『四季報』夏号



これのせいで全然読書がはかどりませんでした。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

posted by ハル at 11:39 | 京都 ☁ | Comment(2) | 本・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月04日

読んだ本 2013 5月



『全ての装備を知恵に置き換えること』

題名良いね!、中身もたぶん良いのだけど、ワタクシ向きではなかった。
オットくんが喜んで読んでいたので、男子向きかも?



『永遠の0』百田尚樹

待って待ってやっと順番が回ってきたー(*゚∀゚*)
一気読み。
ゼロ戦のパイロットだった祖父について調べるうちに浮き上がってくる祖父の素顔・・・という
ストーリーです。
ものすごく引き込まれました。感動させすぎ(意図的に)という
意見もあるようですけど、わたくし、まあ、普通に泣きました。

この手の話は、皆にものすごく積極的に薦めたいと思う反面、読み手は必ず嫌な思いをするので悩むところ。
「ホタルの墓」を観た後なんかにも共通してる感情が沸きあがって来る。
どこに向けてよいのかわからない怒りがふつふつと沸いてくるような、ね。
もう、わかったって!戦争が悲惨やっちゅーのはもうわかったって!!!って言いたくなるような、ね。



『藝人春秋』  水道橋博士

コレね、某芸能人が絶賛していたので、けっこう予約待ちした後借りてみたけど、
ぜんぜんおもしろくなかった。
芸能界にいる人にとってはもしかしたらおもしろいのかもしれない。
オットくんはその世界に片足つっこんでたことがあったので、おもしろいわー言うとりました。
わたくしにとっては、たいして興味ない人の話をたいして興味のない人がしてる、という感じでした。



『はぶらし』 近藤史恵

<あらすじ>
脚本家の鈴音36歳、恋人と別れたところだが、仕事はまずまずでさまざまな葛藤を抱えながらも独身生活を謳歌していた。
そこへ高校時代の友達・水絵が突然子連れで現れる。離婚して、リストラに遭い、家賃も払えず行く宛がないので、1週間だけ泊めて欲しいと泣きつかれた鈴音は渋々ながらも受け入れた。
一緒に暮らし始めると、生活習慣の違いもあり、鈴音と水絵の関係が段々とギクシャクしてくる。
だんだん厚かましくなってくる水絵、マンションの鍵が壊されたり、鈴音が原因不明の体調不良を起こしたり、不審な出来事も次々と起こる。
水絵の就職先はなかなか決まらない。約束の1週間を迎えようとしたとき、水絵の子供が高熱を出した。水絵は鈴音に居候を続けさせて欲しいと訴え、口論となる。

・・・・・ていう、あなたならどーする?的な話。こういう話が受けるのも、
独身アラフォー女子、シングルマザーともに増えてるからだろーなあ。
わたくしもアラフォーでシングルマザーだったしなあ。

ただ、ワタクシはお節介なほうかとは思いますが、いざというと割りと冷酷人間にもなれるので、
このような事態は引き起こさないだろうと思います。という意味ではあまり感情移入はできませんでした。
矛盾点は置いといて、サラリと読みました。まあまあでした。
いっそもう少しおどろおどろしくしてくれても良かったのに、子供を絡めた割りに、後味悪かったです。
(わたくしのほうが言うてることが、矛盾しておりますね)


さて、ここから、半分趣味の世界に突入です。


『財務諸表の見方』



『財務諸表分析』


    
『投資信託にだまされるな!』&『投資信託にだまされるな! Q&A』



『投資信託は、この8本から選びなさい』



『株式投資』


ふぅ、読んだ読んだ。
いままで考えたことなかったけど、投資信託っていいかも、と思いましたね。
投資を考えていて、ここんとこの暴落で「株」は怖いな〜って人は、
投資信託にだまされるなシリーズを一読してみることをお薦めします。わかりやすいです。

わたくし自身、いままで、投資信託の選択肢はなかったのですが、さっそく資料を取り寄せました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

posted by ハル at 09:40 | 京都 | Comment(0) | 本・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。